ウェブサイトの常時SSL対応は必須です

http://で始まるサイトは、安全でないことになっています!

2018年7月から、googleのブラウザであるchromeでは、URLに「このサイトは保護されていません」といった警告メッセージが表示されることになりました。

httpsで始まるサイトは、情報のやりとりが暗号化され、より安全にサイトを利用できることになります。
言い換えれば、いままでは、WEBサイトのフォームなどに入力していたものが、そのままサーバーに送られていたため、
セキュリティ的にも、危険な状態でした。

「http」から「https」に

以前は、sslというのは、クレジットカードの入力など、主にECサイトなどでの
パスワードや暗証番号などの入力ページがssl化されていましたが、
ホームページ全体をSSL通信で行うことが、ここ数年当たり前になってきました。

たとえば、yahooやgoogle、フェイスブックといった大手サイトでは、
URLがhttpsで始まっています。

httpsに変えるとSEOにも効果がある

googleは、数年前から、ssl通信を奨励しており、httpsのサイトを優先的に表示することを
明確にしています。目に見えて検索順位が上がることは、おそらくはありませんが、
今後、すべてのサイトがssl通信を備えていくことを考えれば、早期に導入をしておくに越したことはありません。

https化するための「ssl証明書」が無料のものもあります

以前は、ssl通信は、高価だったため、本当に必要なページに限ってhttps通信を利用して、
その他のページは、http通信というのが当たり前でした。

たしかに現在でも、年間10万円以上のssl証明書は、存在しており、
ECサイトや、銀行のオンラインバンキングのサイトなどは、万全な対策が必要ですが、

ほとんどの、企業のサイトでは、まずは、安価なhttps通信を導入することが、一番です。

導入をご希望の企業様は、ご相談ください

→お問い合わせはこちら

SSL証明書の種類

サイバートラスト
JPRS
ラピッドSSL
ジオトラスト
シマンテック
グローバルサイン
セコム

常時SSL化のメリットまとめ

●サイトのセキュリティ強化
改ざんやなりすましの防止、マルウェア対策、盗聴防止、Free Wi-Fiからの接続の安全性確保など

●http/2対応ブラウザで表示が早くなる
IE、Safari、Firefox、Chromeなど主要ブラウザはhttp/2に対応しています

●SEOに有利
Google検索順位決定要因の一つになります。
対応できていないサイトの順位は落ちる可能性があります。

●サイトの信頼性をアピールでき、ユーザーに安心感を与えることができる
鍵マークの表示、EV SSLだと緑のバーも表示で、一目でわかってユーザーも安心できます。
また、常時ssl化されていないサイトは、!マークがでたり、「保護されていない通信」と
表示されたりするなど、ユーザーにとって、危険を連想させます。

SSLの有無で動線を分ける必要がなくなる